蕎麦の美味しさは何もつけずに味わうことでより堪能できるものです。

なので最初に一口は何も付けないでいただく人も少なからずいるものです。しかし、蕎麦の味を引き立てるものは汁であり、汁によって蕎麦がより美味しくなるものです。

一般的に蕎麦屋では独自の汁を使い提供してくれますが家庭用でもスーパーなどでは色々な種類が販売され飽きることなくそばを食べる事ができるのです。

蕎麦屋などでもカツオでも昆布でも割合が特に重要で店にあった汁を調達または作ることは蕎麦作り以上に大変なことです。

蕎麦の風味を生かしつつ、決してとげとげしく当たりのきつくない汁を万人向けに作ることはむずかしい事もあり、ある程度個人の好みに合わせるには薬味も重要な所です。

ワサビやネギもメリハリをつける意味でも重要な所で出されたからすべてを入れるのではなく割合を意識して自分なりの味に仕上げるにはコツが必要です。

一瞬ののどごしは食感や風味をより大切な物とさせる重要な役割なので侮れません。

また蕎麦だけでは栄養が不足しがちな事もありまた、腹もちも悪いため同時に天ぷらを注文する人も多くいます。その際にも付け汁は重要で天ぷら用に仕上げた汁なら無難ですが蕎麦の付け汁で食べるのもよくあることです。

油がしみてしまう蕎麦汁も蕎麦を包む意味で味わいも出てくるのであえて天つゆで食べない人も多くいます。

天ぷらの食べ方は好みがありますが蕎麦との食べ合わせに限り蕎麦に寄り添った食べ方が重要ともいえるのです。

蕎麦単独では味が単調になりがちですがその味を最大限に引き立てる食材も豊富にあり、蕎麦本来の味を損なわないように食べる事ができれば食べ方は無限大ともいえると思います。