口内炎の原因と改善方法

はじめに

舌の裏に出来た口内炎は口の中でも一番辛いと言われています。
例えば唇の裏の場合は部位によっても多少変わりますが、食事や酸味の強い物を飲む時以外はそれほどしみることはありません。
しかし舌に口内炎が出来てしまうと、飲食時だけではなく喋る時にも痛みが襲ってきます。

症状によっては唾を飲み込むだけでも痛いので、相当ストレスも溜まるのではないかと思います。
しかも手足をケガした時とは違って口の中ですから、軟膏や絆創膏などの治療も行いにくい箇所となるので非常に厄介です。

そんな舌の裏の口内炎の原因や治療法などについて、ご紹介していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

舌の裏の口内炎が出来る原因

舌の裏の口内炎が出来る要因は主に3つあります。
更にそれらの原因についても細かく見ていきたいと思います。

 

①舌の粘膜(口腔粘膜)が弱っている

口の中は口腔粘膜という粘膜によって覆われています。
もちろん舌もその粘膜によって覆われています。
そしてその粘膜が弱ってしまう主な原因は、胃腸障害・過度なストレス・疲れ・睡眠不足・栄養不足などが挙げられます。
胃腸障害の場合は、胃が荒れたりして調子が悪くても口腔粘膜に悪影響を及ぼします。
栄養不足に関しては、喫煙によってもビタミンが不足していまうので、過剰な喫煙は控えるようにしましょう。
要は、生活習慣の乱れによって免疫力が低下してしまうのです。

 

②粘膜が傷ついている

寝ている時や、喋っている時につい舌を噛んでしまう場合などがこれに当てはまります。
他にも熱い物を飲み食いしたことによって舌をヤケドした場合や、硬い物を食べたり当ててしまった場合などにも傷をつけてしまいます。
これによって細菌が傷口から侵入して、口内炎となってしまいます。
また、傷口をふさぐ為にタンパク質の膜ができるのでそれが白く見えたりします。

 

③口内に細菌が増殖している

食事の後に歯を磨かないでずっと放置していて不衛生な状態を保っている場合など、口の中の菌を増やす原因となります。
他には鼻ではなく口で呼吸をすることによって、口の中が乾燥している場合に口の中の菌は増殖してしまいます。
唾液には口の中を洗い流す役割があって、傷の治癒効果や歯を再形成・修復する能力もあります。
つまり唾液が少なく乾燥した状態というのは、菌が繁殖しやすく傷が治りにくい状況にあると言えます。

 

 

口内炎の改善方法について

栄養をしっかり摂る

口内炎が出来る原因は主にビタミン不足によるものなので、ビタミンCやビタミンB2を摂取しましょう。
ビタミンは果物や野菜に多く含まれているので、バランスよく食べましょう。
既に口内炎が出来ていて即効性を求めておられる方は、サプリメントで摂取する方法もあります。

 

唾液の分泌を促す

ガムやスルメなどを食べて、唾液を多く分泌させましょう。
口呼吸の癖がある人は、なるべく鼻で呼吸するように意識すると口が渇きにくくなります。
寝ている時にドライマウスになる方は、歯周病の原因にもなりかねないのでマウスピースを考えてもよいかもしれません。
一度医師に相談してみましょう。

 

口の中を綺麗にする

口の中の菌が多いと、傷口にしみてしまいます。
ですので、歯磨きをしたりデンタルフロスやイソジン、リステリンなどを使ってうがいをしましょう。
最後に原液が残らないように、しっかりとうがいをしましょう。

 

最後に

舌の裏に出来る口内炎と舌癌は症状がとても似ていると言われています。
口内炎と舌癌との違いは、舌癌の場合には患部に硬さがあるようです。
しかし素人に判断出来るかどうかも分からないので、もしも3週間症状が治らない時はまずは病院へ行くようにしましょう。
以上、舌の裏に出来た口内炎の原因と改善方法についてでした。

 

スポンサーリンク