501

ご祝儀には新札やピン札を入れるのが常識とされています。

では、折られているお札ではいけないのでしょうか?

もしかしたら、本当は関係ないのでしょうか?

早速その答えですが・・・

ご祝儀袋に入れるお札がくしゃくしゃの折り目が付いていると・・・

当然マナー違反になります。

その理由について詳しくみてみましょう!

 

ご祝儀が新札の方がよい理由

そもそも結婚式という新しい門出のお祝いとしてご祝儀が贈られるわけです。

その際には折り目のない新札を選ぶのが常識となっているのです。

折り目が付いているお札は不祝儀の時のマナーなので、せっかくのおめでたい日にとんでもない失礼となってしまうことは明らかです。

ですから必ずピン札を用意してご祝儀袋に入れてあげるようにしましょう。

ピン札はなかなか入手しにくいということがあるかもしれませんが、銀行の窓口では簡単に新札に交換してもらえますのでそれほど心配しなくても良いでしょう。

もし気づくのが遅くて時間がないという場合でも会場となっているホテルのフロントでも新札に交換してもらえる可能性は高いです。

他にも郵便局やスーパーなどでも聞いてみると意外と新札を持っている場合が多いので,諦めないで探してみましょう。

 

スポンサーリンク

 

 

ご祝儀のお札の向きは?【間違えると大変!】

601

結婚式に参加する時にはマナーが多々あります。

ご祝儀袋にお札を入れる時の向き一つとってもマナーがあるので大変です(笑)

「お札をただ中袋に入れるだけで良い」というのではありません。

「ご祝儀をあげるんだからお札の向きくらいいいじゃない!」と思うかもしれませんが、ここが出来ていないとナマー違反となり、相手にも大変失礼になりますのでしっかり確認していきましょう。

 

お札の表裏の確認

まずはご祝儀袋の表裏を確認します。

表側を上にして用意しておきましょう。

次にお札の表を上に向けてきちんと揃えるようにしてそのまま祝儀袋に入れるようにしましょう。

お札の表は一万円札の福沢諭吉が描かれている面です。

この福沢諭吉が上になるようにして封筒に揃えて収めていきます。

この時にお札一枚一枚が同じ面で揃っているかを必ず確認するようにしてください。

1枚目はきちんと表を向いていても2枚目が裏だったりということは良くあることですので注意したいポイントです。

慌ててお札を入れるとこうしたミスが起きやすいので中袋に入れる前には必ず再確認が必要です。

こうしたお札の向きひとつにも細かいしきたりがあるので、きちんと確認をしてお札を入れるようにしたいですね。

 

スポンサーリンク