眼精疲労のチェック項目

日常生活を営んでいると急に目まいがしたり、目が疲れてまぶたが重くなってしまうことがあります。

一晩寝てすっかりと治るのであれば問題ありませんが、寝ても症状が残っているようであれば眼精疲労の可能性が考えられます。

眼精疲労は、一時的に目が疲労するものとは異なり、慢性的なものです。
光が眩しいといったことや目が充血していると言った症状は眼精疲労の特徴です。

症状は目だけに限らず、吐き気や頭痛を催すこともあります。
早期に治さなければ、ずっと辛い症状に悩まされることになります。

目薬で一時しのぎを行っても、根本的な治療にはなりません。まずは自分が眼精疲労になっているかをチェックし、必要に応じて早めにケアをすることが大切になります。

 

スポンサーリンク

 

眼精疲労のチェック項目

眼精疲労になっているかをチェックする方法は様々ですが、目安になる項目があります。

以下の1~5の各項目をチェックして当てはまる項目がないかをみてみると良いでしょう。

 

1.眼の症状

・目がかすむようになった、視力が急に落ちた
・目の白目の部分が真っ赤に充血している
・光をまぶしく感じるようになり、思わず目を閉じたくなる
・まぶたが異常に重い
・時々まぶたが急に痙攣する
・目が乾くいてドライアイになるため、よく目薬をさしている

 

2.身体の症状

・首や肩が凝って痛い
・頭痛やめまいがする
・吐き気がする
・なんとなくダルい
・理由もなしにイライラする
・夜なかなか寝つけない

 

3.生活習慣

・毎日夜更かしをしている
・外食が多く栄養が偏りがちである
・イスに座っていることが多く、運動をする習慣がない

 

4.環境

・メガネやコンタクトを長時間使用している
・テレビを頻繁に見ている
・スマホを至近距離で見ていじっている
・パソコンの画面を長時間見ている

 

5.精神的ストレス

・仕事や友人関係でストレスを抱えている
・常に何かしら重いプレッシャーを感じている

 

これらの項目をチェックして、当てはまる項目が多ければ多いほど、眼精疲労の可能性が高くなります。

 

スポンサーリンク

 

眼精疲労の改善方法・治し方

一度でも眼精疲労になったらもう諦めるしかないのかというと、そうでもありません。環境を変えたり、日常生活を見直すことで、眼精疲労を軽減したり解消することができます。
眼精疲労には原因があるので、この原因を取り除いてあげさえすれば症状は改善していくのです。

 

メガネ・コンタクトレンズの確認

まず最初に見直すべき点は、メガネ・コンタクトレンズといった視力改善のための道具・機器です。
視力と合っていないレンズを使っていると、無意識のうちに目がピントを合わせようとして、目に余分な負荷をかけてしまいます。
そういったことにないように、再度メガネ屋かコンタクトレンズ店で視力検査を行うことをおすすめします。

視力に適したメガネ・コンタクトレンズを使っている場合は、適切な度数のレンズに交換すると目の負担を減らすことができます。

 

パソコン・スマホの液晶画面

次に改善すべき点は、パソコンやスマホの液晶画面です。通常、液晶画面からは目に見えない電磁波が発せられています。

この電磁波の中には紫外線やブルーライトが含まれており、長時間浴びると目に障害が起きやすくなることが知られています。

ブルーライトをカットする専用のメガネやパソコンのモニター画面から出る紫外線をカットするフィルムが市販されているので、こういった商品を活用して目を保護するようにしましょう。
またパソコンやスマホの画面から出るブルーライトの割合を調節できるソフトも出ていますのでインストールしておくことをおすすめします。

 

首こり・肩こり

肩や首が凝るという人は、長時間椅子に座って作業している可能性が高いと考えられます。

まずは1時間作業をしたら5分休憩を取るという風に目を休ませることを意識しましょう。

パソコンを見ている場合は、目の高さとモニター画面の中央とを一致させないと首や肩凝りの原因となることがありますので、合っていない場合はすぐに調整しましょう。

またドライアイになるという人は目薬ではなく、加湿器を室内において部屋の湿度を上げる方が効果的です。

 

食生活による眼精疲労

食生活が不規則で栄養不足になりがちという人はサプリで補うようにすると良いでしょう。
特にビタミンAは、不足すると夜盲症と言って暗い場所での視力が著しく落ちる病気になってしまいますので、サプリメントで良いので摂取することをオススメします。

また目に良いと言われているブルーベリーやルテインといったサプリメントも、目の疲れに効果的です。

 

ストレスによる眼精疲労

ストレスに関しては、根本的なストレス源をなくすことは難しいので、定期的にストレスを発散するアクティビティをすることを推奨します。

ヨガやピラティスといった呼吸を整える体操などはストレス軽減に役立ちます。またマッサージやエステなども、血行促進につながりますしリラックス効果を得られるでしょう。

 

効果がない場合は?

こういった眼精疲労の対策を試してみても目や身体の症状がなくならない場合は、病気である可能性も考えられます。
このような場合は、専門の眼科クリニックを予約して医師に診てもらうべきです。

 

スポンサーリンク