header

結婚式のご祝儀は、同僚部下上司
友人取引先社長教え子先輩後輩いとこ兄弟など、渡す相手によって相場が異なります。

相手によって相場も異なりますので、大きくズレないようにしたいものです。

後で恥をかいたり、トラブルにもなりかねません・・・

でも、一体誰に聞いたらよいのか?困ってしまいますよね?

そこで当サイトでは、渡す相手によっての『平均的な相場』を素早くチェックできるようにしました!

ぜひ参考にしてみて下さい!

 

スポンサーリンク

 

 

同僚へのご祝儀相場

101

会社の同僚へのご祝儀相場は、やはりその同僚と日頃からどの程度親しくお付き合いがあるかによって違いが出てきます。

同僚の基本的な相場は年代に関係なく一律3万円程度とされています。

ですが新入社員などの場合は2万円でも良いとされている風潮へと変わってきています。

親しい付き合いがある同僚でしたら3万円にギフトを贈ると喜ばれるでしょう。5万円のご祝儀は少しあげすぎという感もあるようですが、40代の同僚で日頃の付き合いが深い場合には決して不釣り合いな相場というわけではありません。

この辺の判断は自分からの同僚への気持ち次第ということになります。あまり奮発してしまうと相手に却って気を使わせてしまうことにもなりかねないので、その辺はしっかりと考えた方が良さそうですね。

 

 

 

部下へのご祝儀相場

102

部下へのご祝儀は3万円がごく平均的な相場とされています。

これは30代や40代までの上司が自分の部下へのご祝儀ですが、50代の上司が部下へご祝儀を贈る場合は3万円から5万円という相場になっているようです。

場合によっては50代上司から3万円のご祝儀は、少し寂しい印象をもたれる可能性もあります。ですからもし日頃から仕事上で繋がりが深い場合、同じプロジェクトで信頼できる部下である、日頃から可愛がっている部下というのであるならば日頃の感謝も含めたお祝いとして5万円かそれ以上もありうるかもしれませんし今後の仕事上の良い関係が保てる可能性が高まりそうですね。

部下と上司という人間関係においてご祝儀によって、さらに関係が深まって仕事がスムーズに行くことを考えるとじっくりと考えて金額を決めた方が良いでしょう。

 

スポンサーリンク

 

 

上司へのご祝儀相場

103

会社の上司へのご祝儀の相場は、部下の年代によって相場は変わります。

例えば20代の部下でしたら相場はだいたい3万円程度ですが、会社に入社したばかりというのであれば2万円というご祝儀金額でも良いでしょう。

通常は2という奇数は避けるように言われていますが20代で入社したてという場合は給与も安定していないので無理せず捻出できる2万円というのは周囲からも理解してもらえることが多いようです。

最近ではその状況に臨機応変に対応して相場も決まっているようです。

そして30代の部下からというのでしたら3万円から5万円というのが相場になているようです。また40代の部下でしたら5万円以上というのが一般的になっています。いずれにしても上司との関係性、親密度などによって相場には多少の変動があるでしょう。

 

 

 

友人へのご祝儀相場

104

友人へのご祝儀は20代では2万円から3万円程度が相場で、30代から40代では3万から5万という幅になっています。

特に20代ですと友人同士でお祝いを出し合って3人から5人程度、もしくは10人近い人数で出し合ってまとまった金額にしてから渡すという方法をとる場合が多いです。

その際には一人1万円や2万円という普通では、あまりご祝儀には利用されない金額を出し合うことができるので若い人たちには人気があるご祝儀の渡し方となっています。

30代以上になるとある程度収入も安定してくることもありますし、ご祝儀を集めて渡すということはほとんどありません。友人関係の濃さによってもご祝儀の相場は変動しますが、基本的な相場の平均はほぼ安定して3万から5万となっています。

 

スポンサーリンク

 

 

取引先へのご祝儀相場

105

取引先への相場は、ちょっと頭を悩ませることが多いものだと思います。

その取引先との関係性にもより微妙な立ち位置がありますから相場も人それぞれの考えがあると思いますが基本的には3万円といったところでしょう。

ただ年代にもよるところもあり、20代でしたら3万円、30代で3万円から5万円、40代で3万円から5万円という感じにはなっていますが、大きな取引先というのであれば5万円包めば安心という風潮もあるようです。

また会社からご祝儀が出る場合もあるので、その際には負担は軽くなります。

その取引先との関係性を鑑みた上でのご祝儀の金額を決めるのが一番無難であることには変わりありません。もし迷った場合は,職場内で他の経験者からの話を参考にすると、大幅なズレが出てしまう心配もなく常識的なご祝儀を包むことができるでしょう。

 

 

 

社長へのご祝儀相場

106

会社の社長への結婚ご祝儀はちょっと頭を悩ませることになりそうです。ですが会社の社長ならば普通は会社からご祝儀が出るのではないでしょうか。

中小企業の社長だとすれば個人的に関わりがあるのであれば5万円から10万円のご祝儀を包んであげるのが相場でしょう。

もしくは社長なのでご祝儀というよりもギフトをおくってあげた方がよりしっくりとくるかもしれません。

どうしてもご祝儀を、というのであれば5万円以上ということで良いでしょう。

 

スポンサーリンク

 

 

教え子へのご祝儀相場

107

教え子の結婚へのご祝儀相場は、その教え子との関わりがどの程度深いかによっても違ってくるでしょう。

平均的な相場としては3万円ですが、これは小学校や中学校の時の担任した教え子という場合でしかも年賀状のやりとり程度にとどまっている場合の目安になります。

ですがもっと親交が深い場合には5万円でもアリでしょう。

こればかりは教え子との日頃の交流のあり方の度合いによると思います。ただし、都心部では5万円という相場が当たり前という風潮にもなってきていますし、ましてや大学教授ともなれば、やはり5万円というのも時代の流れで常識になってきているという話もあります。

その辺は同僚とも話をしてみてその土地での平均てきな相場を確認すると恥をかかずに済み、安心できるのではないでしょうか。

 

 

 

先輩へのご祝儀相場

108

学生時代の先輩へのご祝儀相場は、年代によっても多少の違いがあります。

もしまだ学生というのであれば懐事情も厳しいので2万円というのもあるようですが、基本的には1万円というのは今の時代では、やや非常識と取られる可能性が高いです。

ですから学生だとしても最低2万円からと考えておいた方が良いでしょう。

どうしても厳しいというのであれば何人か仲間うちでご祝儀を出し合ってまとまった金額にしてから渡すという方法に切り替える方が良いですね。

もしすでに社会人になっているのであれば、20代なら3万円、30代でも3万円、もしくは5万、40代で3万から5万といったところでしょうか。

その先輩にどれだけお世話になったことがあるかを基準にしてご祝儀を決めることをおすすめします。

あまり身分不相応ですと相手にも気を使わせてしまうことになるので他の後輩たちと一緒に相談してみるのも手です。

 

スポンサーリンク

 

 

後輩へのご祝儀相場

109

先輩から後輩へのご祝儀の相場は,年代によっても変わりますが現在のところは基本的には3万円といったところでしょう。
ですが以前からとても可愛がっていた後輩というのであれば、先輩の立場からすると5万円のご祝儀を弾んであげても良いですね。

あくまでも基本ラインは3万円なのですが最近は後輩へのご祝儀で5万円を包む人は非常に多くなっているのも事実です。

特に30代後半から40代以上となると5万円を包むという人が3万円を包む人よりも圧倒的に多いというデータもあるようです。

先輩と後輩のつながりの強さは時を超えて,さらにつながりを増して行くものなのかもしれません。こういうところから推察するに、今後も5万円というのが相場になりつつある傾向は続くかもしれませんね。

 

 

 

親へのご祝儀相場

110

親が再婚する場合など子供からご祝儀を渡す機会もあるかもしれません。

ですが基本的には子から親へのご祝儀は必要がないとされている風潮がある一方で、5万円程度は包んであげるべきという意見もあるようです。

どちらを選ぶかは、その人の捉え方次第です。

親なのでご祝儀を包まないと特に失礼にあたるというものでもありません。ですからもしどうしても親にお祝いをと考えるのであれば、ご祝儀という形よりも食事会や温泉旅行などのプレゼントが、より心に残りやすくて良いのではないでしょうか。

もしくは形に残るお祝いの品として置き時計やブランドの食器セット、キッチンセット、写真フレームなどがおすすめです。要は親子なのですから心がこもっていればどんなものでも親は嬉しいものなのです。

 

スポンサーリンク

 

 

姪へのご祝儀相場

111

姪っ子は特に自分の兄弟の子供ということになるので日頃から可愛がっている場合が多いものです。

そうなると結婚の際のご祝儀も弾むという人も多いわけで、ご祝儀の相場もかなり開きがあるようです。

基本的には3万円という相場が出ていますが、ほとんどは5万円以上というのが実際の平均となっています。

5万円が最低ラインで、10万円が本当の意味での相場の平均値だというデータもあるので、これを判断材料にして金額を決定すると良いかもしれません。

もしくは5万円のご祝儀にプラスして家電や家具などを購入してあげるのも気が利いていて良いかもしれませんね。

あくまでも可愛い姪っ子のためのお祝いですので、おじ、おばからできることをしてあげれば良いでしょう。

 

 

甥へのご祝儀相場

112

甥っ子へのご祝儀の相場も姪っ子と、ほぼ同じです。

年代にかかわらず最低ラインが5万円からで、あとは10万円というところが平均的です。

姪っ子の場合と同じで最近では10万円のご祝儀を贈る人が多いようです。

10万円を包むのが難しいというのであれば5万円にギフトを1、2万円分つけてプレゼントしてあげるのも良いアイディアです。

いずれにしても甥っ子の結婚式ですから、少しでも新生活の足しになるようなことをしてあげられると、より感謝されることは間違い無いでしょう。

ご祝儀は当日ではなくあらかじめ渡しておくのがスマートです。落ち着いた懐石料理屋さんなどでお祝いを開いてあげて、その席でご祝儀を渡してあげるのも気が利いていて良いかもしれません。

 

スポンサーリンク

 

 

いとこへのご祝儀相場

113

いとこへの相場ですが、20代では2万円から3万円で十分でしょう。

30代から40代になるとそのいとことの関係が日頃から深い場合には5万円程度包むのが常識的だと言えます。

40代から50代ともなると社会的にもそれなりの地位を築いている場合には、10万円のご祝儀を包む人も多いようです。

特に母親方のいとこですとつながりが深い場合が多いので、父親方のいとこよりも相場はやや高めになります。

これはあくまでも、そのいとことのつながりによって金額も決まってくる判断材料となるからでしょう。20代ではご祝儀を贈らずに、記念になるギフトだけを贈るという人もいますので,その判断もその人によるということになります。

 

 

兄妹へのご祝儀相場

114

兄弟姉妹への相場は、一般的に20代でしたら5万円程度、そして30代や40代で5万から10万、50代でしたら10万円程度が平均となっています。

やはり兄弟姉妹ですと身内なので相場も通常の友人などからよりはアップします。ですが特に年齢が20代で若い場合でしたら現金を渡さないという場合もあるようです。その代わりに記念品となるものを贈る場合も多いです。

年代があがるにつれて、ご祝儀も上がります。もちろん人によっては10万円以上のご祝儀を包むという場合もありますので、これもその家庭の状況によって金額は変動します。

しかし、自分の兄弟姉妹だけへのご祝儀というよりも、新しい親戚となる相手のことも考えて、失礼のないようなご祝儀をおくった方が後々の関係もスムーズに行くということは頭に入れておいた方が良いでしょう。

 

スポンサーリンク

 

 

孫へのご祝儀相場

115

祖父母から孫へのご祝儀の相場はあって無いようなものです。

その人たちの財力によって金額が決まってくるので多い人ですと100万円以上ということも決して珍しくありません。

もちろん常識的な相場からすると10万円と書かれていることが多いですが、実際に祖父母から孫へ10万円というのは極めて少ない例のようです。

ですから特に相場を気にすることなく、できる範囲でご祝儀を包んであげれば良いのでは無いでしょうか。

可愛い孫の結婚ですから、相場にこだわらないで心から祝福してあげたいものですね。金額にこだわらず、家具や家電など新居の生活をスタートさせる時に喜ばれるものをプレゼントするのもとても良いことですね。

 

 

結婚式のご祝儀相場まとめ

116

同僚 3万円
部下 3万円・5万円
上司 3万円(入社したばかりであれば2万円)
友人 20代:2万円~3万円 30代:3万円~5万円
取引先 3万円・5万円
社長 5万円~10万円(もしくはプレゼント)
教え子 3万円・5万円
先輩 3万円(自分が40代であれば5万円)
後輩 3万円・5万円
必要なし(もしくはプレゼント)
3万円・5万円
3万円・5万円
いとこ 2万円・3万円
兄妹 5万円・10万円
必要なし(もしくはプレゼント)

 

いかがだったでしょうか?

渡す相手や、自分の年齢によっても変わってきますので、その組み合わせを考慮してみて下さい。

基本的には『3万円』か『5万円』なら間違いありません。

2万円や、4万円などの偶数は2人が別れることを連想させてしまう恐れがありますので、なるべく避けましょう。

しっかりと相場を把握し、失礼のなように渡したいですね!

それでは、ここまでお読みいただきましてありがとうございました!

 

スポンサーリンク