1579a909e1025de7a0298c30fc2538f6_m

 

大切な洋服が縮んでしまったという経験は誰しもがあるでしょう。

うっかり洗濯表示を確認しないまま洗濯機に放り込んで洗ってしまうという失敗はとても多いものです。

特にお気に入りの洋服だとショックですよね。

ここでは縮んでしまった洋服を元に戻す方法をまとめてみました。

洋服の生地の種類によっても成功率はまちまちですし、どれも100パーセント元どおりになるという保証はありませんが、かなりの確率で元どおりに近いところまで持っていける方法ばかりなのでぜひ試してみてください。

 

トリートメントは効果ある?

シャンプーとトリートメントは必ずどこの家にも常備されているものだと思います。

このトリートメントに配合されている成分のアモジメチコンはウールのセーターのチヂミを元どおりにする働きがあります。

このトリートメントを使ってセーターの縮みを元どおりにする方法は、必ずトリートメントにこの成分が配合されているものを選びましょう。トリートメントなら全ての商品に入っている訳ではありませんからきちんと表示をチェックします。

使い方はお風呂場のたらいやバケツなどある程度深さがあるものにトリートメントを大さじ2杯程度入れて、お水たっぷりと混ぜます。

その中にセーターを浸けおきを30分したら、しっかりと水分を絞ってそのまま陰干しするだけといういたってシンプルな方法です。乾くと元どおりになっています。

このトリートメントを使う方法はウール素材の衣服だけに応用でき、他の素材には効果は無いので注意してください。

 

スポンサーリンク

 

柔軟剤は効果ある?

毎日の洗濯に使用している柔軟剤も衣類の縮みには効果があります。

ウールとコットン素材になら柔軟剤は使えます。

やり方は、バケツやたらいに縮んでしまった衣類を入れて水をたっぷり注ぎます。

その中に柔軟剤をキャップに2杯程度か、それよりも多めにたっぷりと入れます。

しっかりと水を混ぜて衣類にも柔軟剤の溶けた水溶液を満遍なく行き渡らせるようにしましょう。

そのあと5分から10分程度浸けおきをして、そのまま手で柔らかく絞ります。

この時に洗濯機の脱水機能を使ってしまうと効果がなくなってしまいますので必ず手で絞るようにしましょう。

絞りすぎには注意してください。

そのあとは洋服をハンガーなどにかけて少し手で伸ばすようにして陰干しします。

半分乾いた状態になった時に、スチームアイロンをするとさらに完璧に縮みが改善するのでおすすめです。

陰干しだけでも、かなり生地が元どおりになるのでそのまましっかり乾くまで放置していても構いません。

 

酢は効果ある?

キッチンに必ずあるお酢は、普段の洗濯にも色々な効果があることで知られています。

殺菌効果や柔軟剤の代わりにもなります。

そして衣服の縮みにも効果があるのです。

しかも酢は食用のものですから衣服に使っても安心です。

敏感肌などでお肌が弱くて柔軟剤を使えない人にはお酢を柔軟剤がわりにして衣類の縮みを改善することができるというわけです。

使い方は、バケツやたらいにお水をたっぷり入れて、縮んだ衣類全部が水に浸かるようにします。

そこへお酢を大さじ2、3杯入れてよく混ぜて30分置いておきましょう。

酢だけでも十分効果がありますが、酢を混ぜたお水にさらに重曹を混ぜても効果がアップします。

もし酢だけで縮みが戻らなかった場合は、酢に重曹をプラスしてみてもう一度最初からトライしてみましょう。

重曹を混ぜることでさらに効果が倍増するので成功する確率があがります。

 

スポンサーリンク

 

クリーニング店で元に戻してもらえる?

自分で試してみるよりも、やはり衣類の縮みはクリーニング店でプロに任せるのが最善策のように考える人も多いと思います。

あまり何回も自分で処理してしまうとクリーニング店に持ち込んだ時に、縮みを戻しにくくなってしまうので、あれこれせずにクリーニング店に依頼する方が良いかもしれませんね。

ですがとりあえずどのような状態だとしても諦めずに最後の手段としてクリーニング店に賭けてみるのも良いでしょう。

ただ、クリーニング店でも縮みをどこまで戻せるかについては限度があります。

場合によっては最初から引き受けてくれないクリーニング店もあるようです。

クリーニング店は汚れを落とすことが専門ですから縮みのトラブルとなるとまた別の問題ということになるのです。

クリーニング店ができることは、業務用のプレスでスチームをかけながら伸ばすという方法になります。

これですとうまくけば、元どおりに伸ばすことができる可能性はあります。

ただし、また洗濯すると縮む可能性はあるのでその辺は注意が必要です。

 

ポリエステル素材は元に戻る?

ポリエステル素材をうっかり洗濯してしまうと、かなり縮んでしまいます。

セーターなどに応用できる縮みを戻す方法はすべて効果がありません。

自宅で対処できる方法は残念ながらありません。

ポリエステルは一度縮んでしまうとほぼ絶望的な素材なのです。

ですがもしどうしても諦めきれない場合には、クリーニング屋さんでプレスをしてもらうという方法もあります。

業務用のプレスなのでかなり強力ですから生地をしっかり伸ばすことはできます。

ですが効果は一時的かもしれません。というのも、また洗濯をしたりクリーニングに出したとしても、一度生地が傷んでしまっているので、すぐに元どおりに縮んでしまうことが考えられます。

 

コットン素材は元に戻る?

コットン素材もウールと同じく縮みを起こしやすい素材の一つです。

コットンのシャツやセーターなどが縮んでしまった場合は、とりあえず水に浸して十分に水分を吸収させたあとに、手で生地を伸ばすようにしながらアイロンをかけてそれを固定しながら乾かしていくと、ある程度は元に戻ってくれます。

ですが、洗濯するたびに生地は元どおりになるのでその度にアイロンで伸ばすという作業を繰り返していかなければなりません。

また乾かす時に乾燥機をかけるのは厳禁です。

乾燥機をかけるとたちまち縮んでしまうので気をつけましょう。
以上が縮んだ服を元に戻す方法でしたがいかがでしたか。

どの方法も一定の効果は期待できますが万能というわけではありませんから、まずは大切な衣類を縮みから守るためにも必ず衣服の洗濯方法の表示は確認してから洗濯をするという習慣を身に付けたいものですね。

また特に大事にしている衣類は自宅で洗わずにドライクリーニングに出すのが一番安心です。

 

スポンサーリンク