0001111123265497964654987456315498798798

 

高齢者が利用する介護施設・老人ホームにも様々な種類があり、その種類によって入居できる条件費用といったものが大きく異なることになります。

そのため老人ホームをひとくくりにするのではなく、きちんとその違いを理解することで、必要な老人ホームがどれかが分かるようになります。

 

老人ホームの種類

1100000056456467987

老人ホームは基本的に有料で入居することになりますので、無料で入居できる老人ホームと言うのは存在しないと考えたほうが良いでしょう。

種類を分けると

  • 老人福祉施設
  • 社会福祉施設
  • グループホーム
  • 介護保険施設・老人保険施設
  • 有料老人ホーム

以上の様に分けることができます。

 

スポンサーリンク

 

 

老人福祉施設とは?

まず老人福祉施設は費用の安い老人ホームとなり、軽費老人ホームA型、軽費老人ホームB型、ケアハウス3種類に分類されます。

ホームA型は食事などのサービスが付帯しており、ホームB型は自炊する必要があり、食事などは付きません。

ケアハウスは身体機能低下で家族の援助が難しい人が入居するホームとなります。

 

社会福祉施設とは?

社会福祉施設は養護老人ホームと呼ばれる場所で、経済的な理由や1人で暮らす環境に問題がある場合に入居する老人ホームとなります。

 

グループホームとは?

グループホームは認知症高齢者グループホームが名称で、要支援2や要介護1以上の認知症の人がグループで入居し生活する老人ホームとなります。
基本的には介護が必要ですので常にスタッフが身の回りの世話などを行うことになります。

 

介護保険施設・老人保険施設とは?

介護保険施設老人保健施設特別養護老人ホーム介護老人保健施設介護療養型老人保険施設があり、特別養護老人ホームは要介護3以上が入居可能、介護老人保健施設は要介護1以上が入居可能で自宅に戻るまでの短期間利用の施設、介護療養型老人保健施設は長期間の療養が必要な要介護1以上の人が入居できる施設です。

 

有料老人ホームとは?

有料老人ホーム介護付き有料老人ホーム一般型介護専用型混合型(介護が必要な場合は自動的にそちらへ移行する)の3つと、健康な人が入居する健康型住宅老人ホームと、支援が付いている住宅型有料老人ホームがあります。
基本的に有料老人ホームはその状態により入居できるところと入居できないところがありますし、施設によってその費用も大幅に異なり、介護支援などが付いている施設のほうが費用が高額に鳴る傾向にあります。

 

スポンサーリンク

 

 

老人ホームの費用と平均相場

2220000456498756456421321654
老人ホームの費用や相場に関しては、それぞれの老人ホームごとに違いますし、同じ系統の老人ホームでもホームの規模などによっても費用などが大幅に異なることになります。

まず老人ホームに入居する場合には一時金毎月の費用が必要になります。

一時金は入居する際に必要な前払いの費用で、毎月の費用は部屋代や食事や介護に必要な費用となります。

 

有料老人ホームの費用相場

有料老人ホームの場合は介護付有料老人ホームであれば一般型でも混合型でも一時金は数十万円~数千万円が相場となっており、その人の年齢などで大きく一時金は異なることになります。

費用に関しては15~20万円が大体の相場で、高い施設だと80万円程度必要な場合もあります。

 

介護保険施設や老人保健施設の費用相場

介護保険施設や老人保健施設に関しては、一時金は不要となっています。

その為必要になるのは毎月の費用のみで費用に関しても5万円~20万円程度と比較的安価になっています。

これは介護保険施設などは一時的に入居して暮らす施設のためで、一時金なども必要ないことになります。

 

グループホームの費用相場

グループホームの場合、時金は必要な場合と必要ない場合があり、施設により異なっています。

必要な場合の相場は数十万円程度となる場合が多いようです。費用に関しては約12万円~20万円程度となっており、介護費用なども含まれています。

 

社会福祉施設の費用相場

社会福祉施設に関しては一時金は扶養となっており、入居した際には費用の支払いは必要ありません。

必要になるのは毎月の費用のみで、その費用も非常に安価になっています。これは社会福祉施設が国や県などが運営しているためで、相場に関しても部屋代が負担ゼロになる場合もあり、基本的に負担が少なくて済むようになっています。

ひと月当りの負担額としては約5~8万円程度が相場ですので、有料老人ホームと比べた場合には半分以下の費用負担で入居が可能になります。

 

老人福祉施設の費用相場

老人福祉施設の場合は一時金に関してはホームA・ホームB・ケアハウスでの差は無く、相場としては0~数百万円が相場となります。一時金負担が必要ない場合もありますので、これは入居前に確認する必要があります。

毎月の費用の相場に関しては、軽費老人ホームA型の場合は5万円~15万円程度、軽費老人ホームB型の場合は食事などのサービスが付かないためA型よりの費用が安価になっており5~7万円程度が費用の相場となります。

 

ケアハウスの費用相場

ケアハウスの場合は介護が必要となるためA型やB型よりも費用がアップすることになり、介護費用や食事などを含めて相場は7~20万円程度となっています。

この場合も施設により金額が上下しますので、入居前に確認をしておく必要があるでしょう。

 

スポンサーリンク

 

 

老人ホームの種類と特徴

33300000056498746542165465

老人ホームと一言で言っても、その種類は非常に多岐にわたるので一般的にはなかなかその存在が知られずにいる施設形態も多いようです。

ここでは最も代表的な老人ホームの種類について一つ一つ解説していきます。

 

特別養護老人ホームの特徴

一般的に老人ホームというと、こちらの施設形態を指す場合が多いと思われます。

いわゆる特養と呼ばれる老人施設で、65歳以上で要介護度が3以上なら入居資格があります。

認知症や脳血管障害など様々な病気により自宅での日常生活に支障が出て、家族からの介護サポート無しでは生活を送れないような介護度の方達が特養で介護を受けながら一生を送ることができます。

しかし地方公共団体などの公的な機関が運営しているため、比較的低価格でサービスが受けられるという利点があるゆえに人気が非常に高く、何年にもわたる待機機関が発生しており入居希望者の入居が叶わない場合が多いのが大きな問題点になっています。

 

介護療養型医療施設の特徴

この形態の施設は脳血管疾患やその他の病気の急性期が過ぎて、すでに病状は安定している状態になってはいても、退院して完全に日常生活を滞りなく行える状態ではない高齢者が引き続き医療ケアを必要としている場合に利用されます。

一般的に運営は病院などの医療機関、医療法人になります。特養のような一般的な老人ホームでは医療行為は基本的に行うことはありませんので、医療行為が常に必要な状態の高齢者、寝たきりなどで重度の介護が必要な場合に最も適している老人ケアの形態です。もちろん終末期まで入居することが出来ます。

 

介護付有料老人ホームの特徴

特別養護老人ホームが長期にわたる順番待ちにより、入居したい時にすぐに入居できないという不便性があることから、最近では介護付き有料老人ホームが注目されるようになりました。

ここは、公的な機関が運営しているのではなく民間の介護サービス事業所が運営していることが殆どなので国からの公的補助が無い施設のため、特養と比較すると非常に高額な入居費用がかかってしまい誰でもが気軽に介護施設の選択肢とすることができないという面があります。

しかし有料老人ホームであることから、行き届いた介護サービスの内容や施設の充実度、個室などプライバシーなどによりきめ細やかな配慮がなされているという特徴があります。

こちらも一般的には高齢者の終の住処になり、看取りの介護も行われています。

 

住宅型有料老人ホームの特徴

この形態の老人ホームは、一般的な老人ホームとは全く異なるコンセプトになっています。

外観は全く普通のマンションのようになっており、マンションの居室と同じようなつくりになってリビングルームやキッチンなどの設備が各お部屋に配置されているので入居者の方達は自宅で普通の生活を送っているのと同じような感覚で毎日を過ごすことが出来ます。

キッチンでお茶を沸かして飲んだり、簡単な食事を作ったりといったことも出来るので自立している高齢者には非常に良い選択肢になります。ですからある程度健康なうちにこういった住居型有料老人ホームに入居される方は多いようです。

特に夫婦で同室に入居して普段と変わらない生活を送ることが出来、いざという時には必要な介護が受けられるという点が非常に魅力のようです。重度の介護が必要になった場合でも、提携している有料老人ホームへ転居して看取ってもらえる場合と、同じ居室に住みながら看取りの介護をしてもらえる場合とふた通りあるようなのであらかじめきちんと確認しておくと良いでしょう。

またこちらでは、24時間スタッフが常駐しているため緊急ボタン一つ押せば、すぐに飛んで来てもらえるのも心強いサービスだと言えるでしょう。しかしこういった施設も時には数千万円に及ぶ費用がかかってくるので誰しもが気軽に受けられるサービスというわけではないのが問題点ではあります。

 

グループホームの特徴

認知症の方達が入居できる介護サービスですが、グループホームの特徴としては、グループという名前の通り、9名以下の少人数のグループが一つのユニットとして生活を送るという形態になっており、その中で入居者の方々の日常生活を支援しながら自立のサポートをしつつ介護を行っていくというコンセプトになっています。

ただし基本的には寝たきりやひどい徘徊を行ったり精神的に不安定な度合いが高いなどの重度の認知症は入居することはできません。

グループホームでは、少人数ゆえの非常にきめ細かい介護が受けられるという利点があり、たいてい3人の入居者に対して1人の介護者が付き添ってお世話をしてくれます。

また自分たちで出来ることは極力させるという理念があり、食事や掃除、洗濯、庭仕事なども入居者の手によって行われることが多く、やりがいを持たせることで認知症の進行も遅らせられることが分かっています。

軽度の認知症には非常に有効な老人ホーム形態です。

しかし認知症が進行して重度に移行してしまうと退所しなければならないというデメリットもあります。

 

スポンサーリンク

 

 

老人ホームの選び方

44440000000054649879874654651111564654

老人ホームへの入居を希望する場合、あらかじめ入念な老人ホームリサーチを行うことが重要です。

ネットからの情報を鵜呑みにするのではなく、実際に老人ホームの見学会に数多く出席して自分の目で確かめることが失敗しない老人ホームの選び方です。

これは特別養護老人ホームでも有料老人ホーム選びの際でも同じで、外から見ただけでは決してわからない押さえておきたいポイントを明確にしておくことが最重要課題となります。

以下6つの最重要ポイントについて述べてみます。

 

老人ホームのロケーション

これは入居者だけでなく、入居者の家族にとってもその老人ホームがどのような場所にあるかということはとても重要なポイントになります。

つまり入居者にとっては、まだ体の自由がある程度利く場合ですと、ホーム周囲に散歩に出かける機会も多いため、徒歩圏内にショッピングセンターや商店街などの商業施設がある賑やかなロケーションにあると単調になりがちな老人ホームの生活に潤いが出るというメリットがあります。

そして入居者の家族にとっては駅から近い、面会に訪れやすいという点を重視することが必要です。

例え週に一度や数週間に一度の面会でも、特に歳を召した家族の方達には大変な負担になることが多いので自宅からの近さや交通機関の充実度など、いかに通いやすいかが最重要チェック項目だと言えるでしょう。

 

老人ホームの費用

老人ホームに入居したいと思ったら、まず切っても切れないのがお金の問題です。

老人ホーム入居の際に発生する費用は公的機関の運営による特別養護老人ホームか民間の介護事業所運営による有料老人ホームかによっても大きな違いがあるのでその点をしっかりと把握しておくことが重要です。

入居者の経済状況によっても選ぶべき老人ホームは大きく違ってくるわけですから予算をしっかりとたてた上で、特別養護老人ホームなら月額いくら、有料老人ホームなら月額料金に加えて一時入居金がどれぐらいかかるという費用比較の一覧表を作成して無理な経済的負担がかからない老人ホーム選びをすることがとても大切なのです。

 

医療体制

医療体制が整っているかどうかは、高齢者で持病を抱えていたりする入居者にとっては大変重要なポイントの一つです。

老人ホームによっては地域の病院と提携して定期的な健康診断や往診を行ってくれるところや、ホームに病院が併設されていて、いつでも体調不良時の対応が可能なところなどがあります。

また、看護師は昼間だけ常駐しているのか24時間常駐なのかという点も是非確認しておくと良いでしょう。

有料老人ホームですと24時間体制で看護師が常駐しており、急病にも速やかに対応してもらえるという面では特に安心できるでしょう。

 

施設の雰囲気

実際に施設内を見学してみると、だいたいの雰囲気が手に取るようにわかってきます。

パンフレットの写真を見たりホームページの写真からだけでは決してわからない本当の姿を知るという意味では少しでも数多くの老人ホームの見学に出かけることが大切です。

見学すればするほど目は肥えてくるので、自然に、合うホームと合わないホームの判断がつくようになるものです。

チェックポイントとしては居室内や共同トイレ、浴室などの清掃が行き届いていて臭いなどもなく清潔かどうか、建物の老朽化について細かくチェックしてみましょう。

 

介護スタッフの質

これも実際に見学時にチェックできる項目です。

介護スタッフが生き生きと仕事をこなしているか、笑顔で入居者に接しているか、すれ違うスタッフが挨拶をしてくれるかなどの様子から、その老人ホームの経営の姿勢がうかがい知ることができます。

職場環境が満足できるものですと自然とスタッフの人たちにも仕事への情熱と活気が生まれてきて、きめ細かい介護サービスを提供してくれることへと繋がります。

逆にスタッフの雰囲気が悪い老人ホームは間違いなく不安材料の多い施設という事が簡単に判断できるというわけです。

また普段から介護スタッフに対しての研修制度が行われているかどうかも聞いてみましょう。

介護の現場では介護方法や介護方針についてのアップデートを定期的に確認して常に最新の技術などを身につけておく事がクオリティの高い介護サービスを維持していく上で非常に重要な事なので、これらの研修制度の充実度は是非確認しておくべきポイントになります。

 

食事内容

入居者にとっては、あまり変化のない毎日の中で大きな楽しみになっているのが食事です。

実際に見学時には食事内容も見せてくれる施設が多いので是非申し出てみましょう。

また入居者の食事風景も見学する事で、一人で食事ができない方への介助の様子も同時にチェックする事が出来ますのでとても参考になるでしょう。

他にも嚥下障害がある入居者への、きざみ食やソフト食、ミキサー食などの特別食対応の配慮があるかどうかなども確認してみましょう。積極的に昼食時や夕食時に合わせて見学予約を入れるようにすると良いでしょう。

 

老人ホームの種類と費用まとめ

以上のように、介護施設・老人ホームにはたくさんの種類があり、それぞれ特徴や費用はことなります。

ご自身の環境にあった施設を見つけるためにも、まずは色々な施設の資料を請求したり調べることが大切です。

それではここまでお読みいただきまして本当にありがとうございました。

 

スポンサーリンク