不眠症

「眠いはずなのに眠れない・・・」

「すぐに目が覚めてしまう・・・」

「朝になっても寝た気がしない・・・」

夜眠ることができないって、本当に辛いですよね?
次の日も仕事があるのに・・・」という気持ちで、さらに眠れなくなってしまうものです。

また、睡眠不足が続くと、人間の身体は非常に危険です。
高血圧」や「うつ病」、「記憶障害」、「太りやすくなる」などなど睡眠不足による健康被害は、とても大きいです。

このページでは不眠症のメカニズム、そして、どういった食べ物が効果的なのかをじっくり解説していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

不眠症について

眠れない

 

不眠症とは、日本人の5人に1人が悩んでいる症状と言われており、その症状においては、人それぞれになっている事が多くなっています。

例えば、夜中に何度も目が覚めてしまう眠りが浅い人やなかなか寝付く事ができない寝つきの悪い人
その他、朝早く目が覚めすぎてしまう人や眠っているつもりでも、全然、疲れを取る事ができない人などのタイプがあり、中には、これらのいくつかの悩みを同時に抱えている人もいるほどです。

その他の特徴としては、不眠症の場合、若い人よりも中年と呼ばれるような人以上に多い症状と言え、また、男性より、女性の方が悩んでいる人も多いと言われています。

 

不眠症の原因について

不眠症の原因には、人それぞれの原因があり、ひとつに絞る事は難しいと言われています。

また、いくつもの原因が重なり合った結果、不眠症になる人も多く、一概に原因を一つに絞る事も難しくなっています。

それでは、その原因となりえるものを一つずつみていきましょう。

 

スポンサーリンク

 

精神疾患

不眠症の原因のひとつに精神疾患があります。

うつ病自律神経の乱れ、その他、神経症精神分裂病などの病気を患っている場合、不眠症になる事も多く、この場合は、できるだけ、専門医の診察を受け、少しでも早く、治療を始める事が大切になってきます。

 

身体疾患

身体疾患の場合は、痛みやかゆみと言った事が原因で眠る事ができない事が多くなっています。

体に不調を感じ痛みを感じている場合。
その他、アトピー性皮膚炎などで、ベットの中で体が温まる事でどうしても、かゆみがひどくなってしまい、眠る事が出来ない場合などを指します。

その場合は、とにかく、その身体疾患の治療を行う事が先決です。

医師に相談の元、その疾患の治療を受ける事で、痛みかゆみを解消させる事ができ、結果、痛みやかゆみに悩まされることなく、快眠を手に入れる事ができるようになってきます。

 

ストレス

ストレスをためないで身体疾患や精神疾患に心当たりがないのに不眠に悩まされている場合、このストレスによる不眠が考えられます。

ストレスとは、目に見えないものですが、実際、体や脳には、大きなダメージを与えている場合も少なくありません。

その為、そのストレスが不眠として症状に現れてしまうのです。

ストレスは、交感神経を活発にさせる働きがあります。
そして、それと同時に副交感神経を阻害してしまうのです。
その結果、どうなるのかと言うと、交感神経を活発にさせる事で、心も身体も緊張状態が続き、そして、副交感神経を阻害させる事で、心と身体をリラックスさせる事ができなくなってしまうのです。

そのような、心と身体の状態になる事で、結果、不眠症を引き起こしてしまうと言われているのです。

 

アルコール

お酒の飲み過ぎはダメ寝酒と言う言葉がありますが、この場合、眠る前に少しアルコール飲む事で、良い眠りに付く事ができる事を指します。

確かにアルコールには、副交感神経を活発にさせる効果を期待する事ができる為、確かに寝酒と言う言葉は、正しいと言えます。

しかし、この寝酒を利用し、眠りに付くと言う方法は決してお勧めする事は出来ません。
寝酒を繰り返す事で、どんどん、アルコールの量を増やさないと副交感神経をを活発にさせる事ができなくなり、結果、最終的には、効果を失ってしまう事も考えられるのです。

結果、アルコールに頼っていたため、その効果を期待する事ができなくなり、不眠症になってしまう事も考えられます。
その為、出来る限り、アルコールに頼った睡眠はおススメする事が出来ないのです。

 

スポンサーリンク

 

寝不足による弊害

寝不足による弊害には、昼間、体がだるく眠いといった弊害の他、様々な弊害が起こり得ます。

 

太りやすい身体になる

不眠状態が続くと満腹中枢に影響を及ぼすと言われています、その結果、なかなか、満腹にならないといった事が考えられ、その為、ついつい、食べ過ぎてしまい、最終的に肥満になってしまう事も考えられます。

 

高血圧になりやすい

不眠の状態が続くと、夜でも血圧が高い状態が続き、その血圧の状態は、朝になっても治まる事はありません。そのような状態が続く事で、心臓への負担が大きくなり、心不全などといった病気になる事になってしまいます。

 

記憶障害

夜十分な睡眠を取る事ができないと言う事は、脳も眠る事ができない状態が続くと言う事です。その結果、昼間、脳が眠ってしまう事も考えられ、その為、記憶力の低下といった症状が現れます。

 

うつ病

うつ病になる事で、不眠症になる事も多いですが、反対に不眠症になる事で、うつ病になる事も考えられます。

 

スポンサーリンク

 

そんな不眠症を改善するには?

DHA&EPA&亜麻仁油が効果的寝れる時に寝れないと学校や会社などで急に眠くなってしまったり、日常生活で常に体が疲れた状態で過ごしてしまうことが多くなってしまったり、とにかく日頃の生活に大きく支障を出してしまうことに繋がってしまいます。

ですが、不眠症を改善するのはなかなか難しいですよね。

そこで最近話題になっているのがDHA&EPAと亜麻仁油なのです。
実は、DHA&EPAと亜麻仁油には睡眠効果があるとされているのです。

これらを摂取することで、今まで悩んでいた不眠症を解消させる事ができ、満足のいく快眠を手に入れる事も可能になっています。

 

DHA&EPAって何?

そもそもDHA&EPAって何なのかが分かっていない人も結構多いと思います。
DHAは「ドコサヘキサエン酸」、EPAは「エイコサペンタエン酸」のことを指しています。
この2つの成分は必須脂肪酸という種類に分類され、私たちの体には必要不可欠な成分です。
しかし、体では作れないので食物などから摂取していく必要があるのです。

 

スポンサーリンク

 

DHA&EPAは睡眠に効果がある?

では、なぜこんなにもDHA&EPAが睡眠に効果があるのかというと2014年にオックスフォード大学がDHAと睡眠の関係について欧州の睡眠学会の専門誌に掲載していて、それによるとDHAを摂取した児童たちは連続した睡眠を中断してしまう覚醒エピソードが7回も減少して睡眠の持続時間が1晩で58分延長されたことや日頃いい睡眠が取れている児童ほど血中のDHA濃度が高い可能性があると述べられています。

EPAもDHAと効能はほぼ同じとされているのでDHA&EPAを摂取することは睡眠効果を高める可能性が高いといえるのです。

 

 

亜麻仁油は睡眠に効果がある?

亜麻仁油にも睡眠効果が亜麻仁油は亜麻という植物の種から取ったオイルのことを指します。

従来では印刷用のインクや塗料の材料に用いられることが多かったのですが、最近では食物繊維や、αリノレン酸、リグナンなど健康や美容のためにとても効果的な成分が豊富に含まれているということが判明したことから今では食用油としても高い評価を得ることが出来るようになったのです。

ニキビ解消・ダイエット、イライラの改善など様々な効果があるとされていますが、その豊富な効果の中に睡眠効果があるとされているのです。

これは、亜麻仁油に配合されているαリノレン酸に秘密があります。
αリノレン酸は脂質の構成要素である脂肪酸のひとつです。
このαリノレン酸も上述のDHA&EPA同様自分自身の体では作ることが出来ない必須脂肪酸です。

 

スポンサーリンク

 

細胞を正常な状態に保つ効果あるαリノレン酸ですが、実はこのαリノレン酸は食べ物を通して体内に入ってしまうとDHA&EPA変化してしまうのです。

DHA&EPAには睡眠効果があるのですから、DHA&EPAに変化するαリノレン酸が配合されている亜麻仁油には睡眠効果があると言えるわけです。

それも、亜麻仁油は青魚や大豆などαリノレン酸が含まれているとされている他の食品よりもずっと含有量が多いとされているので、より早く睡眠改善を求めるのなら亜麻仁油を摂取するべきであるというわけです。

 

DHA&EPAと亜麻仁油をどのように摂取すればいいのか?

DHA&EPAと亜麻仁油が睡眠改善をするのに効果がある可能性が高いというということが分かったということで気になるのが、DHA&EPAと亜麻仁油を摂取するにはどうしたらいいのかということですよね。

まず、DHA&EPAを摂取するには、本来であればとにかく魚を食べることです。
厚生労働省ではDHA&EPAの1日の摂取目安量は1g以上と推奨しています。
魚の中でも青魚に多く含まれているとされているのですが、煮たり、揚げたり、焼いたりしてしまうと出汁や油などに逃げてしまうので、刺身など生で食べてしまうほうがより効果的にDHA&EPAを摂取することが可能です。

しかし、毎日魚というのはさすがに飽きてしまって長続きしないという人も多発してしまいがちです。

 

毎日お刺身では経済的にも厳しいですよね?

そういった時に便利なのがDHA&EPAが多く配合されているサプリメントです。
サプリメントであれば効率的にDHA&EPAを摂取することが出来て、睡眠をサポートしてくれます。

亜麻仁油についても「そのまま飲むのはちょっと・・・」という抵抗があるかもしれません。

そういった時にもサプリメントは効果的です。

良質なDHA&EPA、そして亜麻仁油をまとめて摂取することで、無理しなくても熟睡ができるようになるのです。

 

サプリメントで美味しく効率的に睡眠効果アップ!

以上が栄養素が睡眠に効果的な理由です。

DHA&EPA、そして亜麻仁油を効率的に摂取することで良質な睡眠をサポートしてくれます。

日頃の生活の中で少し睡眠不足を解消しようという心持ちで食卓に工夫をしたりサプリを取り入れたりするだけで、DHA&EPA、亜麻仁油の摂取量は大きく変化します。

豊富に摂取すればきっと不眠症から解放されて健康的な暮しが出来るはずです。

それではここまでお読みいただきありがとうございました!

 

スポンサーリンク