header

 

ニキビの原因となる油症・・・

顔がテカテカして恥ずかしい油症・・・

化粧崩れの原因となる油症・・・

 

油症でお悩みの方は多いと思います。

10代の方であっても、やはり異性を意識すると自信が持てなくなってしまうでしょう。
また20代、30代の方であっても人目を気にしてしまうことでしょう。

あぶら症は皮脂分泌が様々な原因で過剰になってしまう症状を指します。この原因とは一体どういったものが考えられるのでしょうか。

10代・20代・30代・40代・50代・・・

どの世代においても油症でお悩みの場合、ほとんどの原因は『洗顔料』と『乾燥』です。

このページでは『なぜ洗顔料と洗顔方法が原因なのか?』を詳しく解説し、顔の油症の治し方や、油症の原理をわかりやすく説明します。

 

参考にしていただき、少しでも油症による悩みが改善されれば幸いです。

 

スポンサーリンク

 

 

顔のあぶら症の原因について

油症が全然治らない

新陳代謝が活発な10代や20代の時期ならいざしらず、30代や40代になっても顔のあぶらが多い「顔のあぶら症」が止まらない場合、貴方はもしかすると「顔のあぶら症の悪循環」に陥っている可能性があります。

それでは、顔のあぶら症の原因について詳しくご説明をさせていただきます。

 

顔のあぶら症の原因は「乾燥肌」にあった

原因は乾燥思春期を経験する10代やまだまだ若い20代の内は新陳代謝が活発ですので、自然と顔の皮脂量も増加します。

この為、10代や20代の人が顔の皮脂の量が増えたとしても、その皮脂の量が異常な分泌量でなければ大きな心配はいりません。

しかし、問題は30代や40代という年齢になっても顔の皮脂が異常に分泌される「顔のあぶら症」が止まらないのであれば、それは「乾燥肌」が原因となっている可能性大です。

顔のあぶら症は乾燥肌が引き起こすメカニズムについては次の項でご説明いたします。

 

洗顔料が顔のあぶら症を引き起こすメカニズムについて

油症になるメカニズム

市販されている顔の洗顔料は皮脂を落としすぎてしまう強い洗顔成分の洗顔料も少なくありません。

こういった強い洗顔作用を持つ洗顔料を顔の皮脂を落とす為に日常的に使用していると、

 

「洗顔料で皮脂を落とす」

「顔の皮脂が落ちすぎてしまい、乾燥肌となる」

「顔の表面が乾燥しているので皮脂がより『肌を守る為に自己防衛機能として分泌される』」

「さらに顔のあぶら症の症状が進んでしまう」

 

という悪循環におちいってしまうのです。

 

あぶら症であるために、洗顔でごしごし肌をこすってしまったり1日に何度も洗顔を行ってしまったりする事により皮膚刺激が与えられ皮脂分泌が過剰になってしまうということが油症の根本的な原因だったのです。

 

顔の油をきれいにしようとして洗顔で強く洗ってしまう・・・

これが逆効果なのです。

 

油症を改善するためには、正しい洗顔法を身に付けることで皮脂分泌はしっかり抑えることが出来ます。洗顔のコツは手のひらや洗顔ブラシなどでゴシゴシ洗うのではなくたっぷり泡立てた泡で優しく皮膚を包み込むようにしながら泡の上から指の腹でやさしくマッサージするようにして汚れを落とす方法が最善策です。

 

スポンサーリンク

 

顔のあぶら症の改善は洗顔料の見直しから

皮脂を取り過ぎない

30代や40代以上の年齢になっても顔のあぶら症の症状が止まらない場合には、まず洗顔料の見直しから始める事をおすすめします。

また、10代や20代の人でも強い洗顔成分の洗顔料を使い続けた事が原因で顔の皮脂分泌量が異常となる顔のあぶら症が増加していますので、顔の皮脂の分泌量に異常を感じた場合には若い人でも洗顔料や洗顔石鹸の見直しをしてみるとよいでしょう。

 

洗顔料を選ぶポイントは、お肌に刺激を与えない添加物が少ない洗顔料を選ぶとよいでしょう。

添加物が入っていると皮膚に刺激を与え、最終的に皮脂分泌が活発になってテカリの原因になってしまうからです。

「メンソール系」「スクラブ系」は刺激が強すぎたり、かえってお肌を傷つけるので要注意です。

その時はさっぱりするかもしれませんが、肌が刺激され皮脂分泌が過剰になり、すぐに油っぽくなってしまいます。

 

添加物の少ない洗顔料で、きめ細かく泡立てて、泡の上からマッサージするように優しく洗うようにしましょう。

 

油症を治す方法

そして、ここが最大のポイントとなりますが、あぶら症を治すには洗顔後の乾燥防止が重要となります。

そして、洗顔後の過剰な皮脂分泌を制御するために『ビタミンC誘導体』が配合されているスキンケア製品を使用することがポイントです。

 

ビタミンC誘導体は最近の研究では、その抗酸化力の強さが解明されており、過剰な皮脂分泌をしっかりと抑制してくれる働きがあることがわかってきました。あぶら症の肌質を持っている方にとってはまさに朗報ですね。

 

添加物の少ない洗顔料、そして、乾燥を防止して過剰な皮脂分泌を防いでくれるビタミンC誘導体配合のスキンケアがあぶら症を改善してくれます。

 

ビタミンC誘導体+無添加

 

スポンサーリンク

 

これらが組み合わさることで、高い保湿効果により、乾燥による皮脂の分泌を抑え、油症を防いでくれるのです。

肌荒れやシミにも効果があり、毛穴も引き締まり、油の分泌もどんどん少なくなり、顔のテカテカも気にならなくなるでしょう。

 

 

油症はスキンケアで治せる!

顔のテカテカはもう怖くない

油症は洗顔とスキンケアで治せます。

ビタミンC誘導体配合のこの商品を使用して、ニキビ・顔のてかり・化粧崩れとさよならしましょう!

以上、あぶら症予防、改善のポイントを挙げてみました。

これを見てお分かりのように、あぶら症はちょっとした日頃のケアを変えるだけで大幅に予防改善が可能な皮膚トラブルなのです。しっかりと日頃から手抜きしない正しいスキンケアでテカテカお肌にさよならしましょう。

 

スポンサーリンク