54649874890000

幅広い年代から高い支持を得ているほうじ茶ですが、ただ単に香ばしく味わい深い美味しさが人気なだけでなく、実は健康効果もしっかりあるお茶として知られています。

ほうじ茶にはテアニンという成分が含まれており、このテアニンは身体の緊張をほぐしてリラックス効果がある成分です。

ですからストレスを感じている時などにほうじ茶を飲めば緊張している脳のスイッチをオフにして、体から力を抜いてくれる効果が期待できると言われています。

他にもほうじ茶にはビタミンCが豊富に含まれているのです。

これは知らない人が多いようですが、そのビタミンCの含有量は何とレモンの5倍にもなるということですから、相当なものだということがわかると思います。

ご存知のようにビタミンCはお肌に非常に良い作用をする栄養素です。

ビタミンCをしっかり摂取することによって、シミやお肌のくすみを予防したり改善することができ、またお肌にハリを与え、アンチエイジング効果も期待できるのです。

そしてほうじ茶にはカテキンが含まれていますが、このカテキンが脂肪消費酵素を活性化させてくれる働きがあり、ほうじ茶を飲むことによって皮下脂肪や内臓脂肪などの体脂肪を積極的に燃焼させることができるということがわかっているのです。

エクササイズの途中や前後などにほうじ茶で水分補給をすると、より一層高い脂肪燃焼効果が得られるということになり、ダイエットにも最適なのです。

ほうじ茶を飲むだけで疲れ知らずで、さらに高い美容効果やダイエット効果もあるのですから、是非とも毎日のティータイムにほうじ茶を積極的に飲んでいきたいものですね。

こういうことからもほうじ茶は特に女性におすすめできるお茶なのです。

 

スポンサーリンク

 

安心して飲めるほうじ茶の魅力

ほうじ茶は漢字にすると焙じ茶となります。

鍋に入れて、焦がさないよう火であぶり、水を飛ばして煎るお茶は煎茶で、さらに火であぶって焦がしたものがほうじ茶とよばれます。

あの香ばしい香りは、焦がしているから強いのです。

ほうじ茶は、煎茶や番茶という茶葉を原料としています。
番茶とは、茶摘みの後に摘んだ面を揃えるため刈った硬い葉や、夏以降の晩秋に伸びて硬くなった葉などを煎茶と同じ製法で作ったお茶のことです。

焙じることにより渋みが少なくなり、カフェインも少量になるため、お年寄りや子供におすすめです。

安い番茶を使っておいしくするほうじ茶ですが、京都では京番茶と呼ばれ、料亭の懐石料理につけたりしてお茶の文化が深い地域でも幅広く飲まれています。

また、ほうじ茶の効能は、血中コレステロール・高血圧・血糖値の抑制などがあります。

含有されているカテキンの力が作用して様々なサポートをしてくれるのです。
他にも生活習慣病・虫歯予防、美肌・ダイエット効果と、女性に嬉しい効果も発揮してくれます。

ほうじ茶は、身体から熱を下げる性質を持つカフェインが少ないため、冷え性改善にも効果があるお茶といえます。

 

スポンサーリンク

 

ほうじ茶のリラックス効果

ほうじ茶はほうじ茶として売っているものもありますが、自分で作ることもできます。

煎茶や番茶などを強火でフライパンで焦げ茶色になるまで炒ったらほうじ茶が出来上がります。

リラックスをしたいときなどには、ほうじ茶の香りがとても役にたつと言われています。香ばしい香りが身も心もほぐしてくれるのです。

アテニンというものが脳に作用してリラックスモードに入るのです。

リラックス効果をよく感じるには、ほうじ茶を入れるときには、飲む直前に沸かした熱めのお湯でしっかりと入れるといいのです。

それに、ほうじ茶には眠りの質をよくする働きがありますので、寝付いてもなかなかいい睡眠を得られないというような人には、とっても向いています。

ほうじ茶にはカフェインの量がすごく少ないので、夜に飲むにもとてもいいですから、寝る前に飲むといい眠りを得ることができて、ぐっすりと眠ることができます。

そして、ほうじ茶にはレモンの5倍のビタミンCが入っているので、美肌効果が得られるのです。

ほうじ茶には口臭予防効果もありますから、ほうじ茶を飲むと口臭を気にせずにいられるのです。

 

スポンサーリンク

 

ほうじ茶は低カフェイン

日本人にとって馴染みのある茶といえば、やはりほうじ茶でしょう。香ばしい匂いと甘みを好まない日本人はそう多くはいないでしょう。

ほうじ茶には緑茶と同じく豊富なカテキンが含まれています。

カテキンには殺菌効果があるので、口に含むだけで口臭予防や虫歯予防を行うことが出来ます。

そして、他にも抗酸化作用を持っているので、活性酸素を抑制し肌の老化を防ぐ効果や、脂肪の分解効果など、カテキンは優れた効果を持っている成分です。

しかし、緑茶にはカフェインも多く含まれています。

カフェインは血管収縮作用を持っているので冷え性になりやすいため、特に妊婦の方をはじめ女性の方は気をつけなければなりません。

ほうじ茶ははカフェインの含有量が少ない成長した茶葉を利用するため、緑茶と比べると含まれるカフェインの量はずっと少なくなります。

また、カフェインは高温になると減少するという特徴もあります。ほうじ茶は煎って作るためその過程でカフェインの多くが抜けていきます。

このようにカフェインをほとんど含まないことから、ほうじ茶はリラックスして飲めるお茶として日本人に馴染みのある飲み物となっています。

 

スポンサーリンク

 

3つの効果・効能

ほうじ茶は赤茶色のお茶で独特の香ばしさがあるのが特徴ですが、実際に飲み続けるとどのような効果が得られるのか見ていく事にしましょう。

 

肌の状態が良くなる効果がある

ほうじ茶にはビタミンCが多く含まれているのでコラーゲンが生成されるようになります。

コラーゲンが生成されると肌にハリや艶が出てくるので乾燥しにくい状態になります。

それで肌がツルツルになって若返る事が出来ます。 またシミや黒ずみなどが出来るのを予防する事も出来ます。

 

ダイエット効果がある

ほうじ茶にはカテキンが含まれているので体に蓄積された脂肪を燃焼しやすい状態にしてくれます。また体に脂肪が吸収されないようにもしてくれます。

ダイエット効果が期待出来ますしリバウンドするのを防ぐ事も出来てしまいます。

 

口臭予防の効果がある

ほうじ茶には抗酸化作用があるポリフェノールが含まれているので口の中の雑菌の繁殖を抑制してくれます。

口の中で雑菌が繁殖してしまうと口臭が発生してしまいますが、ほうじ茶を飲むとポリフェノールが口の中に浸透して口臭を予防してくれます。

また口の中の雑菌の繁殖をされると虫歯を予防していく事も出来ます。

ほうじ茶を飲み続けるとこのような効果が得られるので飲む習慣をつけてみるといいでしょう。

 

スポンサーリンク