クロロゲン酸にはダイエット効果がある?

一昔前にコーヒーダイエットって流行りましたよね?

そのコーヒーダイエットが流行った根底には一般的なコーヒーに含まれている『カフェイン』が脂肪燃焼を助けたり脂肪吸収を阻害することで痩せやすい体づくりに効果があるというデータが元になっていました。

しかし最近の研究では、さらにコーヒーの中でも生コーヒー豆エキスとクロロゲン酸のダイエット効果が注目されるようになったのです。

生コーヒー豆エキスとは、そしてクロロゲン酸とは一体どういうものなのか、その特徴について見ていくことにしましょう。

 

スポンサーリンク

 

生コーヒー豆エキスとクロロゲン酸について

どうしてクロロゲン酸が効くの?コーヒー豆にはクロロゲン酸という非常に健康に良いとされる成分が多く含まれています。

このクロロゲン酸は脂肪燃焼効果の促進や体内の血液循環の活性化などに威力を発揮してくれる成分としてかなり注目度が高まっています。

しかし一般的に販売されている焙煎コーヒー豆やインスタントコーヒーにはクロロゲン酸はそれほど多く含まれていないのです。

実はクロロゲン酸は熱に弱く、生のコーヒー豆にのみ大量に含まれている物質なのです。
よって、熱にとても弱い性質を持っているため強い火力で焙煎されてしまった一般のコーヒーでは摂取できないという特徴があります。

つまり、一般のコーヒーにはクロロゲン酸はほとんど入っていないのです。
どれだけコーヒーを飲んでも痩せないのはこのためです。

よって、クロロゲン酸を摂取するなら、熱を極力加えていない生コーヒー豆エキスを抽出したコーヒーが理想的です。

そんな理想的なコーヒーが『エクササイズコーヒー』です。

 

スポンサーリンク

 

『エクササイズコーヒー』は生コーヒーエキスによりクロロゲン酸をたっぷり抽出し、脂肪燃焼効果が得られダイエットにも効果的なコーヒーです。

また血中コレステロール値の低下、強い抗酸化作用により動脈硬化の予防にも大きな効果が期待できます。

 

クロロゲン酸がダイエットに効果的な理由

では、なぜクロロゲン酸がダイエットに効果的なのでしょうか?その理由について詳しく見ていきたいと思います。

 

クロロゲン酸について

クロロゲン酸が効きますクロロゲン酸とは抗酸化作用のある栄養素で、コーヒーポリフェノールとも呼ばれています。
そんなクロロゲン酸ですが、カフェインよりも多くコーヒーに含まれている栄養素だと言う事が最近わかってきました。

そして、そのクロロゲン酸には、脂肪の蓄積を抑える効果、つまり、脂肪燃焼の効果があると言われ、ダイエットに効果的な栄養素になっていると言われているのです。
さらに、血糖値の上昇を抑える効果やコレステロールを抑制する効果、糖分の吸収を送らせる効果などもあり、ダイエットに欠かす事ができない作用を取り揃えている成分になっています。

 

クロロゲン酸の摂り方

コーヒーを飲むだけじゃダメ?クロロゲン酸は、コーヒーに多く含まれている成分の為、まずは、コーヒーを飲む事で摂取する事が可能です。
一般のインスタントコーヒーでも摂取は可能ですが、焙煎によってクロロゲン酸は少なくなってしまいます。
そんなインスタントコーヒーよりも、生コーヒーエキスがたくさん入っているコーヒーがより多くのクロロゲン酸を摂取できるのでおすすめです。
そのコーヒーこそ「エクササイズコーヒー」なのです。
脂肪燃焼を考えコーヒーを飲む場合は、是非エクササイズコーヒーを飲んで、たくさんのクロロゲン酸を摂取するようにしましょう。
一般のコーヒーよりもダイエットに効果が高くなります。

 

スポンサーリンク

 

生コーヒー豆エキスの飲み方や健康効果について

クロロゲン酸が効きます生コーヒー豆エキスは、その名前の通り生のコーヒー豆から抽出されたエキスです。

このエキスの中にたっぷりと含まれているクロロゲン酸をコーヒーとして摂取すればダイエットに大きな効果があるとされています。

クロロゲン酸がたっぷり入ったコーヒーを食後に飲むだけという簡単な方法です。

しっかり食事を摂った後にコーヒーを飲めば余分な脂肪分の吸収を抑えて、また脂肪を燃えやすくしてくれるので自然なダイエットが可能になるというわけです。

生コーヒー豆は、もちろんそのまま食べてもクロロゲン酸を摂取できるのですが、そのまま食べるのはどうしても食べにくさもあるので難しい場合が多いでしょう。

しかも生コーヒー豆を手に入れること自体が難しいということもあるのです。

ですから生コーヒー豆エキスのサプリを利用すれば簡単にダイエットにも健康な血管維持にも大きな効果が期待できるというわけです。

 

スポンサーリンク