光回線とモバイル通信の違い

 

現代では世界的にもスマートフォンにパソコン、タブレット端末などネット環境が必要な端末はそこら中に溢れています。

もはや私達の生活の一部となっていて、外食に行くときや旅行に行く時でもこれらを使って情報を検索したり、その情報を共有したりしています。

そのネット環境に身を置くには、当然何かしら契約をしていなければなりません。

家で光回線やADSLを使う時にはプロバイダ、スマートフォンやタブレットは携帯電話会社でしょうか。

しかし、よくわからないけれど何となく契約して何となく使っているという方も実際に多いと思います。

そこで、今の主流である光回線とモバイル通信の特徴や料金について述べていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

光回線の特徴

光回線とは、光ファイバーケーブルを使ってレーザー光によって通信する回線のことです。

ひと昔主流だったADSLは電話回線を使うことに対して、光回線ではまた違った特徴があります。

それはADSLの場合でしたら、NTT基地局から離れていれば通信速度が落ちるなどの影響を与えてしまっていました。

しかし光回線はこれらの影響は見られず、また電磁誘導ノイズなど外部からの影響にも強いので工場の様な場所でも安定して使用できます。

それから傍聴されにくいので、情報の機密性が非常に高いことが挙げられます。

その他に光回線は通信速度が速く、ADSLの通信速度が50Mbpsが最高であるのに対して、光回線の場合は100Mbps以上が当たり前になってきています。

この光回線を使用するには、一軒家の場合には工事が必要になります。

中には回線の引き込み工事の費用を負担してくれるキャンペーンを行っているプロバイダもあるので、まずは十分に調べてみる必要があります。

集合住宅の場合は、住宅に対して1回だけの工事で良いので管理先やプロバイダに確認を取ると良いでしょう。

因みに回線の引き込み工事は大体2万円程度が相場となっています。

 

スポンサーリンク

 

光回線はこんな人におすすめ

●スマホなどのモバイルデータ通信の上限をすぐに超えてしまう人で、主に家でネットを使う様な人。

●スマホ以外にもゲームやパソコン、タブレット端末をよく使う人。

 

料金に関しては各プロバイダによって様々ですが、私の知る範囲では概ね月額3000円~といったところでしょうか。

 

 

モバイル通信の特徴

多くの人は携帯電話を持っているので、こちらの方が馴染みが深いといった方も多いと思います。

実際に「パケット」とか「~GB」、「通信制限」に「3G」や「4G」、「LTE」などの単語を一度は耳にしたことがあると思います。

ここ最近では「WiMAX」なども登場して、近年では急速に発展している分野であるといえます。

そして、モバイル通信とはモバイルデータ通信とも言われていて、各携帯電話会社が提供しているインターネット通信のことです。

 

このモバイル通信の通信方法の中でも、3Gや4GよりもLTEが一番通信速度が速く現段階ではこちらが主流となっています。

スマートフォンに関しては、主にパケット(データの伝送単位のこと)を使用した分だけ払う方法と定額制のふたつがあります。

使用した分だけ支払ってしまうと破格の請求になる為、現在ではこの定額制が主流となりプランによってその使用限度が違います。

それからWiMAXなどで知られる、通話機能のないインターネット接続のみを目的としたモバイルデータ通信端末は、別名「モバイルルーター」などと呼ばれています。

こちらの特徴としては、先程の光通信だとかADSLとは違って電波を主に使用するために持ち運び出来る点が挙げられます。

通信速度はLTEと光回線の間ぐらいで、主流となっている速度は概ね40Mbps~220Mbpsといったところです。

それからデメリットとしては、ネット回線が電波によるものなので不安定になったり掲げられている通信速度よりも実測値が低いことです。

あとは電波の悪い場所へ行くと当然ネット環境が使えなくなるので、電波の良い場所での使用が前提となります。

 

モバイルルーターはこんな人におすすめ

●家以外でもパソコンやタブレット端末、ゲームなどを使用する方。

●スマホの通信制限内の使用では収まらない方。

※モバイルルーターにも通信制限が設けられている場合が多いので要確認。

料金に関しては概ね月額4000円~といったところでしょうか。

 

まとめ

各プロバイダや携帯電話会社も多数存在する上に、それぞれの会社には様々なプランが用意されています。

それぞれにメリットもデメリットもある上に毎月のことなので、きちんと特徴を理解して自分に合った賢い選択をして無駄をなくしましょう。

それでは、光回線とモバイル通信の特徴について述べさせて頂きました。

 

スポンサーリンク