%e9%a3%9f%e7%89%a9%e7%b9%8a%e7%b6%ad%e3%81%ae%e3%83%80%e3%82%a4%e3%82%a8%e3%83%83%e3%83%88%e5%8a%b9%e6%9e%9c

 

巷では食物繊維をたっぷり摂取することでダイエット効果を高めるというダイエット法が人気のようです。

しかし食物繊維をやみくもに摂取する間違った方法ではダイエットに逆効果であることも報告されているので是非正しい知識を身につけた上で食物繊維を使ったダイエットを行うことをおすすめします。

ここでは食物繊維とダイエットの関係や、お勧めの摂取方法について解説していこうと思います。

スポンサーリンク

 

食物繊維とは

そもそも食物繊維は水溶性食物繊維不溶性食物繊維の二種類が存在しています。

どちらも同じ食物繊維でも性質や役割が全く異なっています。

二つが相乗的に働くことで効果的なダイエットに導いてくれるのです。

 

水溶性食物繊維

まず水溶性食物繊維の特徴としてはその名前のとおり水に溶けやすいという性質があります。

一旦水に溶け込むと粘りを持ち始め、食事を摂った時に食物が体内でブドウ糖に分解されて吸収されるのをしっかりとブロックしてくれる働きがあります。

さらに、この水溶性食物繊維が腸に到達するまでに体内の過剰なコレステロールを全て包みこみながら最終的には体外に排出してくれます。

 

不溶性食物繊維

一方で不溶性食物繊維は水には溶けにくい性質があるので水分を吸収すると何倍にも膨れ上がります。

たっぷりと膨張した不溶性食物繊維が腸内に到達すると腸壁をしっかりと刺激してぜん動を起こしてくれるので体内に溜まった宿便などもスッキリと押し出してくれるというわけです。

そういう意味では不溶性食物繊維のデトックス効果は非常に高いと言えるでしょう。

 

スポンサーリンク

 

食物繊維のダイエット効果について

水溶性食物繊維が体内に取り込んだ糖質の吸収を緩やかにして、血糖値の急上昇を防ぐのでダイエットには非常に効果が高いことがわかります。

さらに体内の余分なコレステロールや脂肪分を吸着して体外に排出してくれるので太りにくくする効果があります。

そしてもう一つの食物繊維である不溶性食物繊維は、水分を含むと膨張するので満腹感を得やすく太る原因になる食べ過ぎを防止してくれるので大きなダイエット効果が期待できるのです。

また同時に腸の動きを活性化しつつ腸内環境を改善してくれるので痩せやすい体作りをしてくれることにも大きく役立っているのです。

 

食物繊維を多く含む食品とは

食物繊維を普段の食卓に多く取り入れることがダイエット成功の秘訣です。

もちろん肉やある程度カロリーの高いものも摂取しても良いのですが、こういったものを口にする前に、まず食物繊維が豊富な食べ物を口にしてからカロリーの高いものを食べるという順番を守るとダイエットに効果的です。

食物繊維が多い食品としては、豆類、根菜類、レタス、セロリ、オクラ、ひじきなどの海藻類が挙げられます。

食物繊維を普段の食事に意識して組み込んでいくうちに自然にダイエットに効果が現れてくるはずです。

 

食物繊維ダイエットまとめ

以上となりますが、食物繊維の性質をうまく利用して、ダイエットに役立ててみて下さい。

ただし、食物繊維だけを摂取するのは危険ですので、あくまでバランスを大切に心がけましょう。

スポンサーリンク